薬で抑える夏の花粉症

特に夏風邪と夏の花粉症は間違えやすく、そのまま風邪薬を飲み続けてももちろん効果はありません。
たとえばイネ科の植物は、5月から8月頃にかけて花粉を飛ばすので夏の花粉症の代表的な原因として注目されています。

夏の花粉症は発症しない事が多いといっても、全くないとは言い切れません。
とりわけ梅雨のない北海道では夏の花粉症が春の花粉症よりも注目され、発症する人も多いでしょう。夏の花粉症という言葉からわかるように、夏にも花粉症は存在します。
花粉症と言えばスギということでスギ花粉が気になるところですが、夏の花粉症の時期にスギ花粉は飛んでいません。
薬の種類によっては多少、夏の花粉症の症状が和らぐこともありますが根本的な解決には至りません。
もちろん対策法も用意されているので、夏風邪にしては妙だと気付いたら夏の花粉症を疑ってみましょう。
風邪薬を使うのではなく、漢方に注目してみては如何でしょう。
問題は、それをすぐに花粉症だと気付けるかという点です。
花粉症に変わりはないため広く知られているような症状が出て、更に夏場という事で夏の花粉症の不快感は一層強いかもしれません。
そして、夏の花粉症も春の花粉症と同様に花粉を家に持ち込まない工夫が求められます。