夏の花粉症はイネ

有名なところをみるとイネ科の植物が夏の花粉症の原因として挙げられており、要注意な存在といえるでしょう。
確かに花粉症といえば春というイメージが強く、夏の暑い時期とは結びつきそうもありません。
せめて生活圏にある夏の花粉症の原因がどこにあるかくらいは、花粉症対策として行なっておきたいです。

夏の花粉症の原因とされる花粉は草本花粉である可能性が高く、これはイネ科だけでなくキク科やブタクサといった種類があります。
花粉症と言えばスギくらいに思っている人もいるかもしれませんが、もちろんスギに限った話ではなく夏の花粉症には夏の花粉が関係してきます。
因みにイネ科といっても田んぼに植えてあるものだけでなく、もっと身近なところに夏の花粉症のリスクは存在します。夏の花粉症、と言われてもイメージしにくいかもしれませんね。
しばらく様子を見てくしゃみや鼻づまりといった症状が改善されないようであれば、それは夏の花粉症だと疑ってみたいです。
しかし、実際に夏の花粉症というものは存在し更に多くの方が患っているものと思われます。
たとえば春先にくしゃみをしていれば花粉症の可能性を疑うには十分ですが、夏にくしゃみをしていても夏の花粉症の可能性に至る人は限られるでしょう。
冷房を効かせ過ぎて風邪を引いたとは連想されても、夏の花粉症が原因とはなかなか気付かないものです。